包茎の種類を知る

3種類の包茎

男性の症状として知られる包茎は、人によってタイプが異なると言われています。主に3種類に分けられると言われており、仮性包茎、カントン包茎、真性包茎の3つと言われています。それぞれに特徴があり、最も抱えている人が多いと言われているのが仮性包茎で、この包茎は人によって症状の度合いが異なります。カントン包茎の場合は亀頭の根本を締め付けてしまう可能性が高い包茎なので、早めのうちに手術をして治すのが良いと言われています。真性包茎は平常時でも手でむけない包茎で、この場合はセックスも不可能となります。それぞれの包茎の種類によってかなり症状に差がでてきますが、どれにおいてもまずはクリニックに行ってカウンセリングを受けることが大切です。早期で治療することによって、快適な生活を送ることができます。

相談から始める

包茎に悩んでいる人は、まずはクリニックに行って相談するところからスタートすると良いでしょう。最近では無料カウンセリングを受け付けているとことも多いので、一度問い合わせてみるのが改善への近道です。電話やメールで予約をしたら、来院して医師と共に症状を確認します。包茎についての不安や悩みがある人は、この時に相談しておくのが良いでしょう。悩みなどを聞いた上で治療方法を考えてくれるので、安心して手術を受ける為にも正直に話すことが大切です。通常はカウンセリング後、後日手術を受けるのが一般的と言われていましたが、最近では当日にそのまま手術ができる所も多く、手術時間も1時間以内には終わります。包茎の手術にはアフターケアが必要となるので、手術後は医師の注意事項などを守って生活することが大切です。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加